卵黄がからだに良い理由

卵黄は栄養面でとても優れた食品です。
コレステロール値が高くなると恐れていないで、積極的に摂取した方が良いと言えます。

昔から「卵は栄養の優等生」といわれてきました。
特に卵黄にはビタミンCとナイアシン以外全ての栄養が含まれていて、栄養面ではとても優秀な食品です。

ただ、気になるのは「コレステロール値が高い人は卵を食べてはいけない」というようなうわさではないでしょうか?
卵にコレステロールが多く含まれているのは事実ですから。

しかし最近、卵をたくさん食べたからといって血液中のコレステロール値が上がる事は無いという研究報告があります。
卵黄に含まれているレシチンが血管内にある悪玉コレステロールを排出する働きをしているのです。
レシチンは、さらに、アンチエイジングや成人病予防にも効果があるとされています。

卵黄はそのレシチンを常に新しい状態で補給してくれる優れものなのです。

嘘かもしれないコレステロールの話にふりまわされて、卵を控えるのは損なのではないでしょうか・・・・。

卵黄に含まれているコリンは脳を活性化するため、痴呆の予防にも効果的だと注目されています。
体内で神経伝達物質であるアセチルコリンに変化し、記憶力や学習能力をアップさせる事も報告されています。
さらに、卵黄に豊富に含まれている食物繊維は、便秘予防と共に発がん物質を体外へ排出してくれる働きもあります。


卵黄を見直すべき時代かもしれません。



関連記事

  1. 生のにんにくには賞味期限があります
  2. にんにく卵黄を自分で作る
  3. にんにく卵黄の副作用的なもの
  4. にんにく卵黄の実際の効果は?
  5. 伝承にんにく卵黄ってどう?
  6. にんにくすっぽん卵黄ってどう?
  7. えがおのにんにく卵黄の良いポイント
  8. やずやのニンニク卵黄の良い特徴
  9. やずやの雪待美人の良い特徴
  10. にんにく卵黄を父の日に
記事一覧