生のにんにくには賞味期限があります

にんにく卵黄のカプセルが優れている点のひとつに摂取できる期間の長さがあります。

当然ながら生のにんにくには賞味期限があり、時間が経てば傷みます。

生のにんにくが常温保存または、冷蔵庫、野菜室に入れてどのくらいもつでしょうか。

色が変わってきても食べてもよいでしょうか。

にんにくは基本的に常温保存向きの食材です。
もちろん、日光に当ててはいけませんし、じめじめと湿気のあるところも避けなければなりません。できれば買ってきたネットに入れて吊るしておくのがよいですね。
その状態なら、半月からひと月は使えます。

冷蔵庫なら、しょうがなどと同じく、新聞紙にくるんで保存するのがベター。

切ってしまえば、二日以内に消費するのがよいでしょう。
余ってしまって困った場合は、オリーブオイルにつけこめばひと月はもつそうです。

にんにくを長くもたせたいなら、冷凍です。
切っていないそのままの状態なら、いつまでも(一年くらいは余裕で)もたせることができます。
にんにくの存在自体を忘れてしまいそうですね。


どちらにしろ、にんにくは風味を出すのが最大の目的です。
健康に問題はないとしても、早めに使うのが吉といえるでしょう。


関連記事

  1. にんにく卵黄を自分で作る
  2. にんにく卵黄の副作用的なもの
  3. にんにく卵黄の実際の効果は?
  4. 伝承にんにく卵黄ってどう?
  5. にんにくすっぽん卵黄ってどう?
  6. えがおのにんにく卵黄の良いポイント
  7. やずやのニンニク卵黄の良い特徴
  8. やずやの雪待美人の良い特徴
  9. 卵黄がからだに良い理由
  10. にんにく卵黄を父の日に
記事一覧