にんにく卵黄を自分で作る

にんにく卵黄って「伝統にんにく卵黄」という商品名もあるくらいで、昔は九州南部(鹿児島県など)では当たり前に自宅で作っていたものです。

少し手間がかかりますが、作ろうと思えば誰でも作ることができます。

まあ、その手間とニオイが嫌だからサプリメントのニンニク卵黄がこれだけ流行っているとも言えますが。

ニンニク卵黄は毎日食べることで風邪をひかなくなったり、疲労回復が早くなったりすることが期待できます。

ちょっと自家製ニンニク卵黄にチャレンジしてみましょう。

作り方は以下。


1.6個のにんにくと卵黄2個の割合で用意し、にんにくの皮をむく。
2.にんにくの皮をむいて、ヒタヒタの水に入れ、水気がなくなるまで煮る。
3.ドロドロになるまでにんにくを混ぜ、火を止め、卵黄を入れ、かき混ぜる。
4.再度弱火にして、にんにくがねっとりしてかき混ぜにくくなるまで混ぜる。
5.サランラップを広げて、その上に平らに伸ばし、2、3日そのままで乾かす。表面が乾いたら途中で裏返す。
6.両面が乾いたら細く千切りにし、それをさらに細かく切る。くっつくときは片栗粉を混ぜて。
7.切ったものをころころ丸め、再び乾かすとニンニク卵黄の出来上がり!!


にんにく卵黄タグ : ,

関連記事

  1. 生のにんにくには賞味期限があります
  2. にんにく卵黄の副作用的なもの
  3. にんにく卵黄の実際の効果は?
  4. 伝承にんにく卵黄ってどう?
  5. にんにくすっぽん卵黄ってどう?
  6. えがおのにんにく卵黄の良いポイント
  7. やずやのニンニク卵黄の良い特徴
  8. やずやの雪待美人の良い特徴
  9. 卵黄がからだに良い理由
  10. にんにく卵黄を父の日に
記事一覧